【急性骨髄性白血病:一次治療】「タラコツズマブ+デシタビン」vs「デシタビン」

化学療法が適応とならない、65歳以上の人が初めての治療を考える場合、「デシタビン」治療に抗CD123抗体「タラコツズマブ」の上乗せを選択しても完全寛解率の向上も、生存期間の延長も期待しにくい。

【発表】

2020年3月16日

【試験】

Phase 3

【原著】

Leukemia. 2020 Mar 16. [PMID: 32203138]