【HER2陽性HR陽性乳がん:三次治療】「ベージニオ+フェソロデックス+ハーセプチン」vs「化学療法+ハーセプチン」

2ライン以上のHER2標的治療を受けたことがあり、HER2陽性かつHR陽性の人が次の治療を考える場合、「ハーセプチンベージニオフェソロデックス」治療を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

主なグレード3または4の治療関連有害事象は好中球減少症であり、「ハーセプチンベージニオフェソロデックス」治療を受けた27%、「ハーセプチンベージニオ」治療を受けた22%、「ハーセプチン+化学療法」を受けた26%の人が経験した。

【発表】

2020年4月27日

【試験名】

monarcHER(Phase 2)〔NCT02675231

【原著】

Lancet Oncol . 2020 ;21:763-775. [PMID: 32353342]

【外部リンク】