【肺がん:術後治療】「アリムタ+シスプラチン」vs「ビノレルビン+シスプラチン」

術後の補助化学療法を考える場合、「アリムタシスプラチン」を選択しても「ビノレルビンシスプラチン」を上回る無再発生存期間は期待しにくいが、毒性は軽い。日本の臨床試験の結果。

アリムタシスプラチン」を選択することで、グレード3または4の発熱性好中球減少症、好中球減少症、貧血を経験するリスクの低下が期待できる。試験では「アリムタシスプラチン」を受けた0.3%(vs 11.6%)がグレード3または4の発熱性好中球減少症を、22.7%(vs 81.1%)の人がグレード3または4の好中球減少症、2.8%(vs9.3%)がグレード3または4の貧血を経験した。

【発表】

2020年5月14日

【試験名】

JIPANG(Phase 3)

【原著】

J Clin Oncol . 2020 ;38:2187-2196.  [PMID: 32407216]

【外部リンク】