【肝細胞がん:一次治療】「テセントリク+アバスチン」vs「テセントリク」

初めての治療を考える場合、「テセントリクアバスチン」併用療法を選択することで、「テセントリク」単剤治療を選択した場合より、無病生存期間の延長が期待できる。

テセントリクアバスチン」併用療法を受けた104名中37名(36%)が治療に奏効した。

テセントリクアバスチン」併用療法の主なグレード3~4の治療関連有害事象は、高血圧(5%)、蛋白尿(3%)。

【発表】

2020年6月1日

【試験名】

GO30140(Phase 1b)〔NCT02715531

【試験実施・参加国】

韓国、台湾、米国、日本(横浜市立大学附属市民総合医療センター、神奈川県立がんセンター、国立がん研究センター東病院、がん研究会 がん研究所)、オーストラリア、ニュージーランド、中国

【原著】

Lancet Oncol. 2020 Jun 1. [PMID: 32502443]