【高齢者肺がん:一次治療】「アリムタ+アバスチン」vs「ドセタキセル+アバスチン」

75歳以上の人が初めての治療を考える場合、「アリムタアバスチン」治療は有用かつ毒性が軽度で、治療選択肢の一つとなり得る。

【発表】

2020年6月

【試験名】

TORG1323(Phase 2)〔UMIN000012786

【試験実施国】

日本(四国がんセンター、松阪市民病院、石川県立中央病院、帝京大学医学部附属病院、JCHO北海道病院、岡山労災病院、岡山赤十字病院、帯広厚生病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院兵庫県立がんセンター、神奈川県立がんセンター、横浜市立市民病院、湘南東部総合病院

【原著】

Transl Lung Cancer Res. 2020;9:459-470. [PMID: 32676310]

【外部リンク】