【卵巣がん:プラチナ抵抗性】「キイトルーダ+ドキシル」

2ライン以下の化学療法の治療歴がある人が「キイトルーダドキシル」治療を受けた結果、52.2%の人が臨床的有効性(完全奏効+部分奏効+安定)を示した。

【発表】

2020年8月5日

【試験】

Phase 2〔NCT02865811

【原著】

Gynecol Oncol. 2020 Aug 5 [PMID: 32771276]