【RET陽性肺がん:二次治療】セルペルカチニブ

RET融合遺伝子陽性で、プラチナベースの化学療法を受けたことがある人がRET阻害薬「セルペルカチニブ」治療を受けることによって64%の人が治療に奏効し、17.5ヵ月奏効が持続した。1年無増悪生存率は67%であった。

主なグレード 3 以上の有害事象は、高血圧(14%),ALT上昇(12%)、ASP上昇(10%)、低ナトリウム血症(6%)、リンパ球減少(6%)であった。

【発表】

2020年8月27日

【試験名】

LIBRETTO-001(Phase1/2)〔NCT03157128

【試験実施国】

米国、日本、フランス、韓国、スペイン、イスラエル、オーストラリア、シンガポール、スイス、香港、デンマーク、イタリア

【原著】

N Engl J Med. 2020;383:813-824. [PMID: 32846060]

【内部リンク】

【外部リンク】