【FTL3陽性急性骨髄性白血病:維持療法】「ネクサバール」vs「経過観察」

FLT3-ITD変異を有する人が自家造血幹細胞移植後に「ネクサバールによる維持療法」を選択することで1年以内の再発の抑制が期待できる。

移植後210日以内に最も多かったグレード3または4の有害事象は、感染症、急性移植片対宿主病、慢性移植片対宿主病、血液毒性。それぞれ「ネクサバールによる維持療法」を受けた人の25%(vs 24%)、23%(21%)、18%(17%)、15%(7%)の人が経験した。

【発表】

2020年8月10日

【試験】

Phase 3〔NCT02474290

【試験実施国】

中国

【原著】

Lancet Oncol. 2020 ;21:1201-1212.  [PMID: 32791048]

【外部リンク】