【PD-L1陽性腎細胞がん:一次治療(OS)】「バベンチオ+インライタ」vs「スーテント」

PD-L1陽性細胞1%以上の人が初めての治療を考える場合、「バベンチオインライタ」併用療法を選択することで、「スーテント」単独治療を選択した場合より、無増悪生存期間の延長が期待できるが、生存期間の延長が期待できるかはまだ分からない。生存期間のデータはまだ未成熟である。

【発表】

2020年4月25日

【試験名】

JAVELIN Renal 101(Phase 3)〔NCT02684006

【原著】

Ann Oncol. 2020;31:1030-1039. [PMID: 32339648]

【内部リンク】