【軟部肉腫:一次治療】「ヴォトリエント」vs「ドキソルビシン」

手術ができない60歳以上の人が初めての治療を考える場合、「ヴォトリエント」治療を選択しても「ドキソルビシン」治療を選択した場合に劣らない無増悪生存期間が期待でき、グレード4の好中球減少症、発熱性好中球減少症の面で有益である。

試験では「ヴォトリエント」治療を受けた12.3%の人が治療に奏効し、「ドキソルビシン」治療を受けた15.4%の人が治療に奏効した。

【発表】

2020年8月24日

【試験】

Phase 2

【試験実施国】

ドイツ

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Aug 24. [PMID: 32840417]