【肉腫】「キイトルーダ+ドキソルビシン」

アントラサイクリン系抗がん剤治療歴のない進行肉腫(骨肉腫、ユーイング肉腫、胎児胞巣混合亜型横紋筋肉腫を除く)と診断された37名が「キイトルーダドキソルビシン」治療を受けた結果、19%の人が奏効を示した。

未分化多形肉腫では3名中2名が、脱分化型脂肪肉腫では4名中2名が持続的な部分奏効が認められた。

【発表】

2020年9月10日

【試験】

Phase 1/2

【原著】

JAMA Oncol. 2020 Sep 10. [PMID: 32910151]