【KRAS G12C陽性大腸がん】ソトラシブ

2種類以上の治療歴があり、KRAS p.G12C変異陽性の42人がKRASG12C阻害薬「ソトラシブ(AMG510)」治療を受けた結果、31人(73.8%)が病勢をコントロールでき、 そのうち3人(7.1%)が治療に奏効した。

ソトラシブ」治療を受けた129人(非小細胞肺がん59人、大腸がん42人、その他の腫瘍28人)のうち、52.7%の人がグレード3以上の有害事象事象を経験し、7.0%の人が有害事象のため治療を中止した。

【発表】

2020年9月20日

【試験名】

CodeBreaK100(Phase 1)〔NCT03600883

【原著】

N Engl J Med . 2020 ;383:1207-1217.  [PMID: 32955176]

【内部リンク】

【外部リンク】