【肺がん:周術期治療】「オプジーボ+化学療法」→「手術」→「オプジーボ」

StageIIIAの人が手術の前に「オプジーボ+化学療法(パクリタキセルカルボプラチン)」による補助療法を受け、手術後に1年間の「オプジーボ」単剤治療を受けた結果、77.1%の人が2年後も増悪なく、生活できていた。

46人のうち、14人(30%)がグレード3以上の治療関連有害事象を経験したが、手術の遅延や死亡とは関連していなかった。主なグレード3以上の治療関連有害事象は、リパーゼ増加(7%)、発熱性好中球減少症(7%)であった。

【発表】

2020年9月24日

【試験名】

NADIM(Phase 2)〔NCT03081689

【原著】

Lancet Oncol. 2020 Sep 24. [PMID: 32979984]

【外部リンク】