【子宮頸がん:二次治療】「カムレリズマブ+アパチニブ」

1ラインの全身療法後に病勢が進行した人が「抗PD-1抗体 カムレリズマブ+VEGFR-TKIアパチニブ」併用療法を受けた結果、55.6%の人が治療に奏効した。

カムレリズマブアパチニブ」併用療法を受けた人の71.1%がグレード3または4の治療関連有害事象を経験した。主なものは高血圧(24.4%)、貧血(20.0%)、倦怠感(15.6%)であった。

【発表】

2020年10月14日

【試験名】

CLAP(Phase 2)〔NCT03816553

【試験実施国】

中国

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Oct 14 [PMID: 33052760]