【急性骨髄性白血病:一次治療】イボシデニブ+ビダーザ

新たにIDH1変異陽性の急性骨髄性白血病と診断され、化学療法が不適格な23人が「イボシデニブビダーザ」治療を受けた結果、78.3%の人が治療に奏効し、82.0%の人が1年後も生存できた。

主なグレード3以上の有害事象は、好中球減少症(22%)、貧血(13%)、血小板減少症(13%)、心電図上のQT延長(13%)であった。

【発表】

2020年10月29日

【試験】

Phase 1b〔NCT02677922

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Oct 29 [PMID: 33119479]