【頭頸部がん:一次治療】「パクリタキセル+カルボプラチン+アービタックス」vs「5-FU+カルボプラチン+アービタックス」

初めての化学療法を考える場合、「パクリタキセルカルボプラチンアービタックス」治療を選択しても「5-FU+カルボプラチン(またはシスプラチン)+アービタックス」を選択した場合に比べ、無増悪生存期間が短縮するわけではない。

パクリタキセルカルボプラチンアービタックス」治療を選択することで、グレード3または4の有害事象を経験するリスクの減少が期待できる。試験では60%から40%に減少した(p=0.034)。

【発表】

2020年10月24日

【試験名】

CETMET(Phase 2)

【原著】

Cancers (Basel). 2020 Oct 24 [PMID: 33114379]