【大腸がん:一次治療】「FOLFOXIRI+アバスチン」vs「FOLFOX+アバスチン」

循環腫瘍細胞数が3個以上の人が初めての治療を考える場合、「FOLFOXIRIアバスチン」治療を選択することで、「FOLFOXアバスチン」治療を上回る無増悪生存期間が期待できる。

FOLFOXIRIアバスチン」治療を受けた85.3%の人がグレード3以上の有害事象を経験した。一方、「FOLFOX+アバスチン」治療を受けた75.1%の人がグレード3以上の有害事象を経験した。

【発表】

2020年11月3日

【試験名】

VISNÚ-1(Phase 3)

【原著】

ESMO Open. 2020;5:e000944 [PMID: 33148620]

【外部リンク】