【PD-L1強陽性肺がん】「キイトルーダ+ペグイロデカキン」

腫瘍細胞中のPD-L1発現割合(TPS)が50%以上の人は「キイトルーダ」治療に「ペグイロデカキン」の上乗せを選択しても、奏効率の向上は期待しにくい。

キイトルーダ」治療に「ペグイロデカキン」の上乗せを選択することでグレード3以上の治療関連有害事象を経験する可能性が高まり(19%→62%)、有害事象のため治療が続けられなくなるリスクは倍増する(15%→32%)。特に貧血(0%→20%)、血小板減少症(2%→12%)のリスクが高まる。

【発表】

2020年11月6日

【試験名】

CYPRESS-1(Phase 2)

【原著】

J Thorac Oncol. 2020 Nov 6. [PMID: 33166722]