【トリプルネガティブ乳がん:術前治療】「カルボプラチン+ドセタキセル」vs「カルボプラチン+パクリタキセル→ドキソルビシン+シクロホスファミド」

トリプルネガティブの人が手術前の治療を考える場合、「カルボプラチンドセタキセル」治療を選択しても「カルボプラチンパクリタキセルドキソルビシンシクロホスファミド」治療と同程度の病理学的完全奏効率が期待できる。

カルボプラチンドセタキセル」治療を選択することでグレード3または4の有害事象を経験するリスクの減少が期待できる。試験では好中球減少症は60%から8%に、発熱性好中球減少症は19%から0%に有意に減少した。

【発表】

2020年11月18日

【試験名】

NeoSTOP(Phase 2)

【原著】

Clin Cancer Res. 2020 Nov 18 [PMID: 33208340]