【末梢性T細胞リンパ腫:二次治療】コパンリシブ+ゲムシタビン

再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫の25人が「PI3K阻害薬 コパンリシブゲムシタビン」治療を受けた結果、72%の人が治療に奏効し、8.2ヵ月間奏効が持続した。

コパンリシブゲムシタビン」治療の主なグレード3以上の有害事象は、一過性高血糖(57%)、好中球減少症(45%)、血小板減少症(37%)、一過性高血圧(19%)であった。

【発表】

2020年12月18日

【試験】

Phase 2〔NCT03052933

【原著】

Ann Oncol. 2020 Dec 18