【肺がん:一次治療】「カムレリズマブ+化学療法」vs「化学療法」

EGFR遺伝子変異およびALK遺伝子融合を有さない人が初めての治療を考える場合、「カルボプラチンペメトレキセド」に「抗PD-1抗体 カムレリズマブ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

カルボプラチンペメトレキセドカムレリズマブ」治療の主なグレード3以上の治療関連有害事象は、好中球減少症(38% vs 30%)、白血球減少症(20% vs 14%)、貧血(19%  vs 11%)、血小板減少症(17% vs 12%)であった。

【発表】

2020年12月18日

【試験名】

CameL(Phase 3)〔NCT03134872

【試験実施国】

中国

【原著】

Lancet Respir Med. 2020 Dec 18 [PMID: 33347829]