【EGFR陽性肺がん:一次治療(OS)】「アバスチン+タルセバ」vs「タルセバ」

EGFR遺伝子変異陽性の人が初めての治療を考える場合、「タルセバ」治療に「アバスチン」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できるが、生存期間は変わらない。「タルセバアバスチン」治療を受けた41%の人が5年以上生存した(vs 35%)。

【発表】

2020年11月20日

【試験名】

JO25567(Phase 2)〔JapicCTI-111390JapicCTI-142569

【試験実施国】

日本

【原著】

Lung Cancer. 2020 ;151:20-24.  [PMID: 33279874]

【内部リンク】

【外部リンク】