【膵がん:一次治療】「ソチガリマブ+オプジーボ+アブラキサン+ゲムシタビン」

転移性膵がんと診断された人が一次治療として「ゲムシタビンアブラキサン+CD40作動薬 ソチガリマブオプジーボ」治療を受けた結果、67%の人が治療に奏効した。

ゲムシタビンアブラキサンソチガリマブオプジーボ」治療主なグレード3または4の治療関連有害事象で最も多かったのは、リンパ球数減少、貧血、好中球数減少、好中球数減少であった。

【発表】

2021年1月1日

【試験】

PRINCE/PICI0002(Phase 1/2)〔NCT03214250

【試験実施国】

米国

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 118–131.