【EGFR陽性肺がん:二次治療】「タグリッソ+アバスチン」vs「タグリッソ」

EGFR-TKIで進行後にT790M変異陽性が確認された人が次の治療を考える場合、「タグリッソ」治療に「アバスチン」の上乗せを選択しても無増悪生存期間、生存期間の延長は期待しにくい。

タグリッソアバスチン」併用療法の奏効率は、「タグリッソ」単独治療よりも優れていた(68% vs 54%)。

タグリッソアバスチン」併用療法のグレード3以上の主な有害事象は、蛋白尿(23%)、高血圧(20%)であった。

【発表】

2021年1月7日

【試験名】

WJOG8715L(Phase 2)〔UMIN000023761

【試験実施国】

日本

【原著】

JAMA Oncol. 2021 Jan 7. [PMID: 33410885]

【外部リンク】