【膵がん】「ゲムシタビン+EPA配合栄養機能食品」vs「ゲムシタビン」

ゲムシタビン」治療中の人は「EPA配合栄養機能食品(プロシュア)」の摂取を選択することで、1年生存率の10%以上の向上が期待できる。

【発表】

2021年1月13日

【試験】

Phase 2

【試験実施国】

日本(神奈川県立がんセンター、横浜市立大学附属市民総合医療センター)

【原著】

Nutr Cancer . 2021 Jan 13. [PMID: 33438442]