【プラチナ感受性卵巣がん:維持療法】「ゼジューラ」vs「プラセボ」

2ライン以上の化学療法を受けたことがある人でもプラチナ感受性の卵巣がんの人は、プラチナ製剤で奏効が得られた後に維持療法としてPARP阻害薬「ゼジューラ」治療を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

ゼジューラ」による維持療法を選択することでグレード3以上の有害事象を経験する危険性が高まる。試験の結果から19.3%から50.8%に上昇すると見込まれる。主なものは、好中球数減少(8.0%→20.3%)、貧血(2.3%→14.7%)。

【発表】

2021年1月13日

【試験名】

NORA(Phase 3)〔NCT03705156

【試験実施国】

中国

【原著】

Ann Oncol. 2021 Jan 13. [PMID:33453391]