【HER2陽性乳がん:三次治療(OS、PFS、ORR)】「マルゲツキシマブ+化学療法」vs「ハーセプチン+化学療法」

ハーセプチンパージェタを含む2レジメン以上の抗HER2療法歴がある人が次の治療を考える場合、「Fc最適化抗HER2抗体 マルゲツキシマブ+化学療法」治療を選択することで、「ハーセプチン+化学療法」を上回る無増悪生存期間が期待できる。

マルゲツキシマブ+化学療法」治療を受けた人の25%が治療に奏効した(vs 14%, p< 0.001)。

注射関連反応の発生率は、「マルゲツキシマブ+化学療法」治療を受けた人の13.3%が経験し、「ハーセプチン+化学療法」を受けた人(vs 3.4%)より多かった(主に1サイクル目)。

米国では2020年12月16日、本試験の結果に基づき、「2つ以上の抗HER2レジメン既治療の転移性HER2陽性乳がん」に対し、化学療法との併用療法として「マルゲツキシマブ」が承認された。

【発表】

2021年1月22日

【試験名】

SOPHIA(Phase 3)〔NCT02492711

【原著】

JAMA Oncol. 2021;7:573-584.  [PMID: 33480963]

【外部リンク】