【膵がん:一次治療】「イムブルビカ+ゲムシタビン+アブラキサン」vs「ゲムシタビン+アブラキサン」

初めての化学療法を考える場合、「ゲムシタビンアブラキサン」治療に「BTK阻害薬 イムブルビカ」の上乗せを選択しても生存期間の延長は期待しにくく、無増悪生存期間はむしろ短縮する可能性が高い。「ゲムシタビンアブラキサン」治療に「イムブルビカ」を上乗せすることで奏効率は42%から29%に有意に低下した。「イムブルビカ」の上乗せによって治療期間が短縮し、すべての薬剤の累積投与量が少なくなる。

ゲムシタビンアブラキサン」治療に「イムブルビカ」を上乗せすることでグレード3以上の好中球減少が35%から24%に減少したが、末梢性感覚神経障害は8%から17%に増加した。グレード3以上の貧血は16%(vs 17%)であった。

【発表】

2021年2月1日

【試験名】

RESOLVE(Phase 3)〔NCT02436668

【原著】

Ann Oncol. 2021; Feb 1.

【外部リンク】