【大腸がん:三次治療】「オプジーボ+ロンサーフ」

マイクロサテライト不安定性がなく、2ライン以上の化学療法歴が有する18人が「オプジーボロンサーフ」治療を受けた結果、治療に奏効した人はいなかった。

オプジーボロンサーフ」治療の主な有害事象(グレード1以上)は、悪心(67%)、下痢(61%)、好中球減少(50%)であり、「オプジーボロンサーフ」治療を受けた72%の人がグレード3以上の有害事象を経験した。

【発表】

2021年2月5日

【試験】

Phase 2〔NCT02860546

【試験実施国】

米国

【原著】

Cancer Med. 2021 Feb 5. [PMID: 33544407]