【PD-L1強陽性肺がん:一次治療】「セミプリマブ」vs「化学療法」

進行非小細胞肺がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「抗PD-1抗体 セミプリマブ」治療を選択することで、「化学療法」を上回る無増悪生存期間と生存期間が期待できる。化学療法を受けた人のうち74%が病勢の進行後に「セミプリマブ」治療を受けていた。

セミプリマブ」治療を受けた28%にグレード3または4の治療関連有害事象を経験した。化学療法を受けた人では39%であった。

【発表】

2021年2月13日

【試験名】

EMPOWER-Lung1(Phase 3)〔NCT03088540

【試験参加国】

オーストラリア、ベラルーシ、ブルガリア、ブラジル、チリ、中国、コロンビア、チェコ、ジョージア、ギリシャ、ハンガリー、ヨルダン、レバノン、マレーシア、メキシコ、フィリピン、ポーランド、ルーマニア、ロシア、スペイン、台湾、タイ、トルコ、ウクライナ

【原著】

Lancet 2021; 397: 592–604.  [PMID: 33581821]

【外部リンク】