【乳頭状腎細胞がん:二次治療】「カボメティクス」vs「スーテント」

乳頭状腎細胞がんと診断され、1ラインまでの前治療歴がある人が次の治療を考える場合、「カボメティクス」治療を選択することで、「スーテント」治療を有意に上回る無増悪生存期間が期待できる。「サボリチニブ」治療、「ザーコリ」治療は、「スーテント」治療と比較して無増悪生存期間を延長できなかった。

スーテント」治療を受けた4%の人が治療に奏効し、「カボメティクス」治療を受けた23%が治療に奏効し、有意に高い奏効率を示した(p=0.010)。「サボリチニブ」治療の奏効率は3%、「ザーコリ」治療に奏効した人はいなかった。

スーテント」治療を受けた69%、「カボメティクス」治療を受けた74%、「ザーコリ」治療を受けた37%、「サボリチニブ」治療を受けた39%の人がグレード3または4の有害事象を経験した。

【発表】

2021年2月13日

【試験名】

SWOG 1500(Phase 2)〔NCT02761057

【試験実施国】

米国、カナダ

【原著】

Lancet 2021; 397: 695–703.  [PMID: 33592176]

【外部リンク】