【頭頸部がん:二次治療】「イブランス+アービタックス」vs「アービタックス」

アービタックス」治療歴がない、プラチナ製剤抵抗性の人が次の治療を考える場合、「アービタックス」治療に「イブランス」の上乗せを選択しても生存期間の延長は期待しにくい。

【発表】

2021年2月8日

【試験】

PALATINUS(Phase 2)〔NCT02499120

【原著】

Oral Oncol . 2021 Feb 8 [PMID: 33571736]