【再発上咽頭がん】「救済手術」vs「強度変調放射線治療」

上咽頭がんと診断された人が放射線治療後に再発した後の治療を考える場合、「内視鏡的救済手術」を選択することで、「強度変調放射線治療」を選択した場合を上回る3年生存率が期待できる。

【発表】

2021年2月15日

【試験】

Phase 3

【試験実施国】

中国

【原著】

Lancet Oncol. 2021 Feb 15 [PMID: 33600761]