【多発性骨髄腫:四次治療】イデカブタゲン ビクルーセル

免疫調節薬、プロテアソーム阻害薬、抗CD38抗体を含む3ライン以上の治療歴がある多発性骨髄腫128人が「CAR-T細胞 イデカブタゲン ビクルーセル」治療を受けた結果、73%の人が治療に奏効し、8.8ヵ月増悪なく生存できた。

「CAR-T細胞 イデカブタゲン ビクルーセル」治療を受けた91%の人が好中球減少、70%の人が貧血、63%の人が血小板減少を経験した。サイトカイン放出症候群は84%の人が経験し、グレード3以上のものを経験した人は5%であった。18%の人が神経毒性(グレード3:3%)を経験した。

【発表】

2021年2月25日

【試験名】

KarMMa(Phase 2)〔NCT03361748

【原著】

N Engl J Med 2021; 384:705-716  [PMID: 33626253]

【外部リンク】