【60歳以下 急性骨髄性白血病:一次治療】「ダウノルビシン(高用量)+シタラビン」vs「ダウノルビシン(標準用量)+シタラビン」

60歳以下の人が初めての治療として「ダウノルビシンシタラビン」治療を考える場合、「ダウノルビシン」の用量を「45mg/㎡」から「90mg/㎡」への増量を選択することで、生存期間の延長が期待できる。増量の選択によって完全寛解率の向上も期待できる。試験では57.3%から70.6%に有意に向上した。(p<0.001)

【発表】

2009年9月24日

【試験名】

E1900(Phase 3)〔NCT00049517

【原著】

N Engl J Med . 2009;361:1249-59. [PMID: 19776406]

【外部リンク】