【急性骨髄性白血病:一次治療】「ビダーザ」vs「従来治療」

急性骨髄性白血病と診断された人が初めての治療を考える場合、「ビダーザ」治療を選択することで、従来の治療(支持療法、低用量シタラビン、化学療法)を選択した場合を上回る生存期間が期待できる。

試験では従来の治療として47%が支持療法、34%が低用量シタラビン、19%が化学療法(シタラビンダウノルビシンシタラビンイダルビシンまたはシタラビンミトキサントロン)を受けた。2年生存率は「ビダーザ」治療を選択することで、16%が50%に向上した(p=0.001)。

【発表】

2010年2月1日

【試験】

AZA PH GL 2003 CL001(Phase 3)〔NCT00071799

【原著】

J Clin Oncol . 2010;28:562-9. [PMID: 20026804]