【上咽頭がん:化学放射線療法(5年PFS)】「ロバプラチン+放射線療法」vs「シスプラチン+放射線療法」

Stage III-IVBの人が化学放射線療法を考える場合、「ロバプラチン」を選択しても「シスプラチン」を選択した場合と比べて劣ることのない5年無増悪生存率が期待できる。

ロバプラチン」ベースの化学放射線療法の主なグレード3または4の有害事象は、粘膜炎(41% vs 40%)、白血球減少(16% vs 23%)、好中球減少(10% vs 24%)であった。

【発表】

2021年4月12日

【試験】

Phase 3

【試験実施国】

中国

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 716–26 [PMID: 33857411]