【尿路上皮がん:三次治療(ORR、DOR、PFS、OS)】サシツズマブ ゴビテカン

プラチナ製剤を含む化学療法、免疫チェックポイント阻害薬治療を受けたことがある113人が抗Trop-2抗体薬物複合体「サシツズマブ ゴビテカン」治療を受けた結果、27%の人が治療に奏効し、7.2ヵ月奏効が持続した。

サシツズマブ ゴビテカン」治療の主なグレード3以上の治療関連有害事象は、好中球減少症(35%)、白血球減少症(18%)、貧血(14%)、下痢(10%)、発熱性好中球減少症(10%)であった。治療を受けた6%の人が治療関連有害事象により治療を中止した。

【発表】

2021年4月30日

【試験名】

TROPHY-U-01(Phase 2)〔NCT03547973

【原著】

J Clin Oncol. 2021 Apr 30 [PMID: 33929895]