【移植不適応多発性骨髄腫:一次治療(PFS)】「カイプロリス+メルファラン+プレドニゾン」vs「ベルケイド+メルファラン+プレドニゾン」

移植が不適格な人が初めての治療を考える場合、「カイプロリスメルファランプレドニゾン」治療を選択しても「ベルケイドメルファランプレドニゾン」治療を上回る無増悪生存期間は期待しにくい。

カイプロリスメルファランプレドニゾン」治療を受けた84.3%の人が治療に奏効し、「ベルケイドメルファランプレドニゾン」治療の奏効率は78.8%であった。

【発表】

2019年2月28日

【試験名】

CLARION(Phase 3)〔NCT01818752

【原著】

Blood . 2019;133:1953-1963. [PMID: 30819926]