【HER2過剰発現大腸がん:三次治療(ORR、PFS)】エンハーツ

HER2過剰発現の転移性大腸がんと診断され、 2レジメン以上の治療歴がある53名が「エンハーツ」治療を受けた結果、45.3%の人が治療に奏効した。

エンハーツ」治療の主なグレード3以上の治療関連有害事象は、好中球数減少(22%)、貧血(14%)であった。治療を受けた6%の人が間質性肺疾患または肺臓炎を経験した(グレード2:2名、グレード3:1名、死亡:2名)。

【発表】

2021年5月4日

【試験名】

DESTINY-CRC01

【試験参加国】

日本(愛知県がんセンター、近畿大学病院、国立がん研究センター東病院、がん研有明病院、四国がんセンター、北海道大学病院、九州がんセンター)、米国、イタリア、スペイン、英国

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 779–89.  [PMID: 33961795]

【さらに詳しく】