【CLDN18.2陽性胃がん:一次治療(PFS、OS)】「ゾルベツキシマブ+化学療法」vs「化学療法」

HER2陰性かつCLDN18.2陽性の人が初めての治療を考える場合、「EOX(エピルビシンオキサリプラチンカペシタビン)」併用療法に、「抗CLDN18.2抗体ゾルベツキシマブ」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間、生存期間の延長が期待できる。

ゾルベツキシマブ+EOX」治療の主な有害事象は、悪心、嘔吐、好中球減少、貧血であり、そのほとんどがグレード1または2であった。グレード3以上の有害事象は、「ゾルベツキシマブ」の上乗せによる大幅な増加は認められなかった。

【発表】

2021年2月19日

【試験名】

FAST(Phase2)〔NCT01630083

【試験実施国】

ドイツ、ブルガリア、チェコ、ロシア、ラトビア、ウクライナ

【原著】

Ann Oncol . 2021;32:609-619. [PMID: 33610734]