【HER2陽性乳がん:術前治療】「ハーセプチン+パージェタ(中間PET-CTによる治療変更)」

「(化学療法を含まない)ハーセプチンパージェタ」による術前補助療法2サイクル実施後に 18F-FDG-PET判定で治療に奏効した人は「ハーセプチンパージェタ」をそのまま6サイクル(合計8サイクル)継続した結果、37.9%の人で病理学的完全奏効が得られた。18F-FDG-PET判定で治療に奏効しなかった人は「ハーセプチンパージェタ」に化学療法(カルボプラチンドセタキセル)が上乗せされ、病理学的完全奏効率は25.9%であった。「ハーセプチンパージェタ」2サイクル後に18F-FDG-PET判定での評価結果に応じて「化学療法」の併用する治療戦略は、35.4%の病理学的完全奏効を得た。

最初から「ハーセプチンパージェタ+化学療法(6サイクル)」を受けた人では57.7%の人が病理学的完全奏効が得られた。2サイクル後の18F-FDG-PET判定で奏効した人の病理学的完全奏効率は65.6%、奏効しなかった人では10.0%であった。

18F-FDG-PETガイド下による化学療法の回避によって、グレード3または4の血液毒性に関して、貧血は9%から1%、、好中球減少症は24%から4%、発熱性好中球減少症21%から4%に減少した。

【発表】

2021年5月18日

【試験名】

PHERGain(Phase 2)〔NCT03161353

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 858–71. [PMID: 34019819]