【小児急性骨髄性白血病(KMT2A陽性):一次治療(5年DFS)】「マイロターグ+化学療法」vs「化学療法」

30歳までに「急性骨髄性白血病」と新たに診断された人のうち、KMT2A融合遺伝子陽性であった人は化学療法に「マイロターグ」の上乗せをすることで、5年無イベント生存率、5年無病生存率の向上が期待できる。

【発表】

2021年5月28日

【試験名】

AAML0531(Phase 3)〔NCT01407757

【原著】

J Clin Oncol . 2021 May 28. [PMID: 34048275]