【肺がん:一次治療(PFS)】「オプジーボ+アバスチン+化学療法」vs「アバスチン+化学療法」

非扁平上皮がんの人が初めての治療を考える場合、「カルボプラチンパクリタキセルアバスチン」治療に「オプジーボ」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

オプジーボカルボプラチンパクリタキセルアバスチン」治療を受けた61.5%の人が治療に奏効した(vs 50.5%)。

【発表】

2021年6月14日

【試験名】

TASUKI-52(Phase 3)〔NCT03117049

【試験参加国】

日本、台湾、韓国

【原著】

Ann Oncol . 2021 Jun 14.  [PMID: 34139272]

【さらに詳しく】