【dMMR子宮体がん(ORR)】イミフィンジ

ミスマッチ修復機構欠損(dMMR)を有する子宮体がんと診断された35人が「イミフィンジ」治療を受けた結果、47%の人が治療に奏効した。一方、ミスマッチ修復機構欠損を有さない(pMMR)子宮体がんと診断された36人の「イミフィンジ」治療の奏効率は3%であった。

【発表】

2021年6月

【試験】

Phase 2〔NCT03015129

【原著】

J Immunother Cancer . 2021 ;9:e002255. [PMID: 34103352]