【肺がん:術後治療(DFS、3年OS)】「放射線療法」vs「経過観察」

手術後に病理学的病期がIIIA-N2期と診断された人が術後の治療を考える場合、「放射線療法」を選択しても、無病生存期間の延長は期待しにくい。「放射線療法」を受けた人の3年無病生存率は40.5%であった(vs 32.7%)。

【発表】

2021年6月24日

【試験名】

PORT-C(Phase 3)〔NCT00880971

【試験実施国】

中国

【原著】

JAMA Oncol . 2021 Jun 24. [PMID: 34165501]