【アグレッシブB細胞リンパ腫:一次治療】「高用量R-CHOEP 21→自家幹細胞移植」vs「R-CHOEP 14」

初めての治療を考える場合、「高用量R-CHOEP療法4サイクル後の自家幹細胞移植」を選択しても「R-CHOEP 8サイクル」を上回る10年無イベント生存率、10年生存率は期待しにくい。

高用量R-CHOEP療法
3週おきに、シクロホスファミド を1サイクル目は1500mg/m2、2~3サイクル目には4500mg/m2、4サイクル目には6000mg/m2ドキソルビシンは全サイクルとも70mg/m2ビンクリスチン2mg、プレドニゾロン 500mg、エトポシドは1サイクル目に600mg/m2、2~3サイクル目に960mg/m2 、4サイクル目に1480mg/m2を投与。リツキサン 375 mg / m2は0、14、36、56、77、98日目に投与。

R-CHOEP療法
2週おきに、シクロホスファミド 750mg/m2ドキソルビシン 50mg/m2ビンクリスチン 2mg、プレドニゾロン 500mg、エトポシド 300mg/m2を投与し、これを8サイクル繰り返す。リツキサン 375 mg / m2は1〜4、6、8サイクルの0日目に投与。

【発表】

2021年3月2日

【試験名】

DSHNHL 2002-1(Phase 3)〔NCT00129090

【試験実施国】

ドイツ

【原著】

Lancet Haematol. 2021;8:e267-e277. [PMID: 33667420]