【ALK陽性肺がん:一次治療(PFS)】「エンサルチニブ」vs「ザーコリ」

ALK融合遺伝子陽性の人が初めての治療を考える場合、「ALK阻害薬 エンサルチニブ」治療を選択することで、「ザーコリ」治療を選択した場合を上回る無増悪生存期間が期待できる。

エンサルチニブ」治療による重篤な有害事象(7.7% vs 6.1%)、減量(23.8% vs 19.9%)、投与中止(9.1% vs 6.8%)の頻度は、「ザーコリ」治療と同程度であった。

【発表】

2021年9月2日

【試験名】

eXalt3(Phase 3)〔NCT02767804

【試験参加国】

米国、アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、チェコ、フランス、ドイツ、香港、イタリア、イスラエル、韓国、オランダ、ペルー、ポーランド、ロシア、スペイン、トルコ、英国

【原著】

JAMA Oncol. 2021 Sep 2. [PMID: 34473194]