【CD30陽性皮膚T細胞リンパ腫:二次治療(PFS)】「アドセトリス」vs「主治医による選択」

CD30陽性皮膚T細胞性リンパ腫と診断され、何らかの治療を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「アドセトリス」治療を選択することで、4ヵ月以上にわたる持続的な奏効率の向上と無増悪生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2021年9月10日

【試験名】

ALCANZA(Phase 3)〔NCT01578499

【原著】

Blood Adv. 2021 Sep 10. [PMID: 34507350]

【内部リンク】