【小細胞肺がん:維持療法(1年OS)】「胸部照射+予防的全脳照射」vs「予防的全脳照射」

進展型小細胞肺がんと診断され、化学療法が奏効した人が次の治療を考える場合、「予防的全脳照射」に「胸部照射」の追加を選択することで2年生存率の向上が期待できる。

「予防的全脳照射+胸部照射」を受けた人も「予防的全脳照射」のみを受けた人も生存期間(中央値)は8.3ヵ月であった。

「予防的全脳照射+胸部照射」を受けた人の無増悪生存期間は4ヵ月、「予防的全脳照射」のみを受けた人の無増悪生存期間は3ヵ月と「胸部照射」の追加によって無増悪生存期間の有意な延長が認められた。

【発表】

2014年9月14日

【試験】

Phase 3

【原著】

Lancet. 2015;385:36-42. [PMID: 25230595]

【さらに詳しく】